«

»

4月 25

こんな方帆があったの?携帯料金を現金化するサービス

貸金業ではないのです

携帯電話の料金を現金化する方法があります。これは携帯電話料金として後で支払うことを今すぐに現金化できる方法になります。具体的には形態払い、という方法を活用します。そして、業者が指定する商品を買い、購入した商品をメールで転送することによって、指定した口座に振り込みをしてもらえます。要するにこれは買取りをしてもらうことになるわけです。明確に貸金業と違うことになりますから、それは注意して理解しておくべきでしょう。

決算額によって金額が違ってきます

決済可能額というのが、色々と個人によって違うことになります。具体的には年数や業者によって違うわけですが、大凡5万円程度になります。ですから、5万円程度までは十分に現金化することができるわけです。このサービスの素晴らしい所は、クレジットカードがない人でも利用できることです。決済可能額によって、大きく違ってきますから、これはよく認識しておくべきでしょう。個人的に変えられることでもありますし、そうでない場合もあります。

後々支払うことになりますから

要するに後払いで支払うことになりますし、基本的にはすぐに次の月の支払いになります。また、当然ですが業者の利益もありますから、多少は割引率があります。その点に関しては覚悟しておくべきですし、商売であるから仕方ないです。しかし、次の日に振り込んでくれる業者が多いですから、はっきりいって物凄く便利です。ですから、上手く利用して資金繰りに活用するとよいでしょう。但し、返済があるわけですから、計画的に利用します。

クレジットカードの現金化はショッピング枠で購入した製品を売却して現金を得る行為です。購入した製品の値段とカード払いで生じる利息を支払う必要があるので金銭面の負担は却って大きくなるので注意が必要です。