«

»

4月 22

信用取引で一発で大きく投資をすること!リスキーな取引

リスクがあるからこそのリターン

信用取引と言うのは、自分の資金以上の取引をすることができます。ですから、一気に儲けることができるわけです。例えば、100万円で2割の儲けが出ればこれは20万円になります。しかし、これが信用取引で20倍の額の取引が出来ていたとすれば、400万円の利益になったわけです。つまりは、元手から見れば4倍になっています。これこそが信用取引の最大のメリットです。当然ですが、その逆もあるのでリスキーではありますが、だからこそのリターンでもあります。

どんな取引をするべきか

一言に信用取引といっても、実はいくつもあります。例えば株式取引もありますし、外国為替証拠金取引もあります。貴金属投資に使われていることもありますし、石油や天然ガスの先物取引もあります。このように意外と投資先というのはいくつもあります。信用取引は兎に角、自分の分限以上の取引をするようになりますから、少しでも知識があるところに投資をするのが無難です。それこそが信用取引で重要なポイントの一つといえるでしょう。

リスクヘッジも重要です

投資の格言に一つのバスケットに卵を入れるな、というのがあります。要するに全力で資金投入を一つのところにするな、という意味ですが、大凡正しいわけですが、一つの所に投じることこそ、利益に繋がる場合もあります。信用取引でもリスクヘッジは途轍もなく重要ではありますが、そもそも信用でレバレッジをしてもらっているわけですから、二つに分けるも何もないです。リスクヘッジのやり方としては、相関性のあるところに投資をするのがポピュラーです。

信用取引とは、自分を信用してもらうことで保有している資金以上の株式投資を行うことを意味します。メリット、デメリットともに理解をしてから行うことをお勧めします。